オーバーフローに憧れを抱く・・・

アクアリストたるものろ過能力の高いフィルターに憧れるものです。ろ過能力が一番高いのは、オーバーフロー水槽です。オーバーフロー水槽を持っていれば、金魚をたくさん飼えるなぁ〜と想像が膨らみます。今回は、オーバーフロー水槽について紹介します。

スポンサーリンク

オーバーフロー水槽って知ってる?


50Hz オーバーフロー水槽セット 600L3重管タイプ ブラックキャビネット 50Hz(東日本用) 沖縄県を除き基本送料無料 関東当日便

オーバーフロー水槽とは、水槽の下にろ過槽があり、ろ過槽から組み上げられた水が溢れて水槽からろ過槽に戻るという機構の水槽のことです。

上の写真のように、水槽の端に筒がついています。この筒を通って、水槽台の中にあるろ過槽に水が落ちていきます。

ろ過フィルターのろ過能力は、ろ材の量がどのぐらい確保できるか?というところが結構大きいウエイトを占めています。

底面フィルターは水槽内の砂利をろ材として使えるため、上部フィルターや外部フィルターよりも多いろ材を有するために、ろ過能力が高いと言われています。

オーバーフロー水槽は、水槽台の中にろ過槽があります。水槽と同等サイズの容器がろ過槽として存在しているため、一般的なろ過フィルターと比べてもろ材の量は圧倒的に多くすることができます。

また、水量も水槽とろ過槽の二つになるため、2倍の水量を確保することができます。ろ材、水量共に他のろ過フィルターや水槽とは比較できないほどの性能を持ち合わせます。

ただ、意外とマイナーな水槽なんです。なぜかと言うと、オーバーフロー水槽は高いからです。全然普及してないし、高いから売れる量が少ないため、ホームセンターではほとんど扱っていません。

目にする機会が少ないから、認知度がとても低いのです。

オーバーフローの良いところ・悪いところ

オーバーフロー水槽の良いところと悪いところを紹介します

ろ過能力の高さはピカイチ

繰り返しになってしまいますが、水槽と同じサイズのろ過槽があり、大量のろ材を使用できるため、ろ過能力はピカイチです。

生物濾過に使えるリングろ材を何kgもいれられる他、ウールマット専用のエリアがあったりします。生物濾過だけでなく、物理ろ過もしっかりとできます。

大量の水量を確保できる

金魚を飼育するときは、60cmをオススメします。と言っていますが、この理由としては、60cm水槽は一般的な水槽なので、アクセサリー類がたくさんあり便利ということと合わせて、たくさんの水量が確保できることがメリットでもあります。

水量を確保することができると、水温や水質が変化しづらく、金魚が調子を落としにくくなります。

ろ過槽と水槽で通常の2倍の水量を確保できることは、ろ過能力に次いで大きなメリットです。

水槽がスッキリする

水槽台の中にろ過槽を収納しているため、水槽の中や上にろ過フィルターをおく必要がないため、水槽がスッキリしてスタイリッシュになります。

上部フィルターや投げ込み式フィルターは、水槽の上や中にろ過フィルターを置いたり入れる必要があります。そのため、貴重な水槽周りの空間をろ過フィルターに奪われることになります。

オーバーフロー水槽では、そんな心配は無用です。また、ヒーターをろ過槽に入れることもできるので、水槽の中に何もいれなくても良くなります。

続いて悪い点を紹介します。

値段が高い

オーバーフロー水槽は、水槽の端に筒がついています。そのため、ガラスが使えないため、アクリル板を使用する必要があります。そのため、値段が高いです。

また、専用のろ過槽と専用の水槽、専用の水槽台が必須のため、値段が高いです。

値段が高いことが普及率を極端に下げていると思います。

アクリル水槽のためメンテナンスが大変

アクリル水槽は、ガラス水槽に比べると傷がつきやすかったり、歪んだり、紫外線で曇ったりと手がかかります。

室内で普通に使ってるレベルでは何も心配いらない程度ですけどね。デメリットはちゃんと知っておく必要があるので、上げておきます。

スポンサーリンク

まとめ オーバーフロー水槽へをいつか持つ!

オーバーフロー水槽への憧れが強くて、こんな記事を書きました。実際、オーバーフロー水槽を使ってことありません。高いため、購入に踏み切れないのです。

今まで使ってきたグッズの金額をまとめると、オーバーフロー水槽を飼えるぐらいだとは思いますが・・・

オーバーフロー水槽で金魚をたくさん買うことが将来の夢です。

ろ過能力の高さや完成された外観(おしゃれなインテリアとして使える)は自身を持ってオススメできる水槽&ろ過フィルターなんです!!

お金に余裕がある方は、オーバーフロー水槽をオススメします。


同梱不可・中型便手数料 コトブキ工芸 kotobuki レグラス F−600L オーバーフロー水槽セット(サイズ:60×45×45cm) 才数170

安いガラス水槽タイプもあるんですが、やっぱりこれじゃないんだよね〜笑


50Hz オーバーフロー水槽セット 600L3重管タイプ ブラックキャビネット 50Hz(東日本用) 沖縄県を除き基本送料無料 関東当日便

こんなオーバーフロー水槽がいつかほしいぜ!!

コメントお待ちしております。飼育方法で困っていることやこんな記事を描いて欲しいなどリクエストから、ご意見・ご感想までなんでもお寄せください!コメントは下のコメント欄からお願いします。

金魚を長生きさせる方法をたくさんの人に紹介したいので、
ぜひ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク