水面に白い膜があるけどなにこれ? 油膜

水面に白い膜がはったことありませんか?水面に油が浮いたように見えるあれはなんなんでしょうか?そのままにしておいても大丈夫なんでしょうか?今回は油膜について紹介します。

スポンサーリンク

油膜ってなに? 原因と対策

水槽の水面に白い膜がはったことありませんか?特に水槽を立ち上げたばかりなんかによく見ることがあります。

油が浮いているように見えるので、アク取り見たいに処置してみたものの次から次へと現れるので、対処の方法もよくわからないと思います。

まずは、油膜とは何か?を紹介します。

油膜はバクテリアの死骸やタンパク質と言われています。

水質が大きく変化して、バクテリアが死滅した時など油膜が発生します。

他にも餌の与えすぎなどで発生することもあります。餌を与えた時に水面に油分が広がるのを見えることもあります。(餌によって違いもあります。)

餌の与えすぎも油膜の発生原因になりますので、注意してください。

エアレーションで攪拌することでなくなる

餌の与えすぎで発生した油膜は、エアレーションで攪拌することでなくすことができます。

他にもキッチンペーパーで油膜をアク取りのように取り除くこともできます。餌などのタンパク質や油分が原因の場合は取り除けます。

油膜が出てるな〜と思ったら餌の与えすぎをまずは疑ってみてください。

油膜が出たら、餌を数日間切ります。それでも油膜がなくなれば餌による油膜です。

バクテリアが原因の場合は大変

バクテリアが原因で油膜が発生している場合、ちょっとばかり処置が大変です。

水質が悪化したため、バクテリアが死滅しています。

バクテリアの死滅による油膜の発生は、取り除いても発生し続けます。エアレーションで攪拌しても取り除けません。

水質を元に戻す必要があります。

一番楽な方法は完全リセットです。ただ、油膜で完全リセットとなるとなかなか思い切れないと思います。

魚の状態を気にしながら、水換えを行うことで水槽の回復を待ちます。合わせて、ろ材の掃除なども行うと良いです。

水換えとろ材の掃除は合わせてやらないでくださいね。

それでも長い時間(1ヶ月ぐらい)油膜がなくならないとなれば、完全リセットをした方がいいです。

スポンサーリンク

まとめ 油膜と侮るなかれ!

油膜というと結構簡単に発生し、無視しても良く、すぐになくなるものと思われますが、内容によっては水槽が崩壊するサインになることもあります。

油膜だから大丈夫と侮るなかれ。

餌の与えすぎならなんてことないけど、バクテリアの死滅だとしたら大変です。

しっかりと状況を確認して、処置することが必要です。

コメントお待ちしております。飼育方法で困っていることやこんな記事を描いて欲しいなどリクエストから、ご意見・ご感想までなんでもお寄せください!コメントは下のコメント欄からお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク