金魚には大磯砂が最も良いと言われている件

金魚を買い始める時は、大磯砂が良いと言われています。本当にそうなんでしょうか?大磯砂のどこが良いのか?いろいろなサイトでも紹介されていますが、本サイトでも紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大磯砂の良いところはたくさんある

金魚を飼育する上で大磯砂が良いとされている理由を確認しましょう。

値段が安い

何と言ってもこれでしょ。他の砂利に比べて安いというところです。1kgで¥300ぐらいで手に入ります。他の砂利は¥400ぐらいです。¥100の差ですが、60cm水槽だとだいたい8〜10kgぐらい必要になります。そうなると¥800〜1000の差が出ます。大きいですよね。

入手しやすい

ホームセンターでは南国砂として販売されていますが、ホームセンターでも購入することができますので、どこでも入手しやすいです。そのため、いろいろな人が使った経験があり、経験談が多く評価を目にしやすいというところも大きな点ではないでしょうか。


南国砂 中目 3kg 関東当日便

底面ろ過に向いている

実際のところ、バクテリアがつきやすく生物濾過に適しているというコメントも見たりしますが、どちらかというと、値段が安いため厚めに敷くことができます。厚く敷くことで、底面ろ過の能力が抜群によくなります。そのため、生物濾過に向いていると言われています。

ですが、上部フィルターや外部フィルターでは、砂利の厚みは全然関係ありませんので、このブログでは底面ろ過に向いているといっておきます。厚く砂利を敷くことで、バクテリアの住み着くエリアが多くなり、生物濾過がしっかりします。

逆に大磯砂の悪いところをpick up!

大磯砂の悪いところをピックアップしてみましょう。

貝殻が含まれているため前処理が必要

大磯砂といえば、砂利に混じって貝殻が入っていることがあります。これは天然砂利だからこそ貝殻が入っています、貝殻が入っていると長期間大磯砂を使用することで、貝殻が溶け出し、水がアルカリ性に傾きます。

水草水槽で砂利を使用する場合、砂利を厚く敷く必要がありますので、値段が安くて大量に購入できる大磯砂をオススメされることがあります。ただ、水草水槽は酸性に傾けた方が良いため、大磯砂に混じっている貝殻を溶かす前処理をする必要があります。

金魚水槽はアルカリ性に傾けた方が良いため、前処理は不要です。

と、デメリットを洗い出しましたが、こんなもんでしょう。水草水槽にとっては、追肥が必要などのデメリットがありますが、金魚水槽となるとほかにはありませんでした。

金魚水槽の場合、大磯砂は最適の底床と言われる所以です。

そもそも砂利は必要なのか?

大磯砂の特徴を書きましたが、実際に砂利はいるの?いらないの?どっちなの??と根本から考えてみました。僕の考えとしては、

砂利は、必要

水槽をしっかりと立ち上げることが重要と考えた場合、水槽を立ち上げ、安定化させるためにはバクテリアをしっかりと育てることが重要です。そう考えると砂利は必要となります。

そうすると金魚水槽の場合、大磯砂が最適と言われることには頷けます。ここまで考えてみて、大磯砂が金魚水槽には最適と言われるのには納得できました。大磯砂を使用してみてはいかがでしょうか?


南国砂 中目 3kg 【4,980円以上購入で送料無料】 関東当日便

コメントお待ちしております。飼育方法で困っていることやこんな記事を描いて欲しいなどリクエストから、ご意見・ご感想までなんでもお寄せください!コメントは下のコメント欄からお願いします。

金魚を長生きさせる方法をたくさんの人に紹介したいので、
ぜひ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク