ウールマットは使い捨てでは勿体無い!?ウールマットの使い方

金魚の飼育方法でもっとも標準的なフィルターは上部フィルターだと思います。上部フィルターに欠かせないろ材といえばやっぱりウールマットですよね。ウールマットは使い捨てにしている方が多いと思います。

実は、ウールマットは使い捨てにすると勿体無い!って知っていましたか?今回はウールマットの使い方を紹介します。

スポンサーリンク

ウールマットは何を使っていますか?

金魚の飼う上で、フィルターで一般的に使われているのは上部フィルターだと思います。他にも外掛けフィルターや外部フィルター、水中フィルターがあると思います。どのフィルターでも使われているろ材といえば何でしょう。

ウールマットですよね?物理ろ過を行うためにウールマットを入れて、フンなどのゴミを濾しとっているのではありませんか?


ジェックス 徳用6枚入り ろ過マット

そのウールマットの使い方として、使い捨てにする人が多いのではないでしょうか。ウールマットは6枚で200円など安価なものを、洗って何度も使うより使い捨てにするほうが楽だし効率的という理由から使い捨てで使う人が多いと思います。

ですが、このウールマットは使い捨てで使うと勿体無いということを声を大にして言いたいと思います。特に上部フイルターの場合、ウールマットの交換はやりやすく、洗って何度も使ったほうが、性能を最大限に引き出すことができます。

ウールマットを何度も洗って使いまわした方が良い理由

上部フィルターはこのようにポンプで吸い上げられた水が一番最初にウールマットを通ってろ過されます。最初にどれだけゴミをこし取れるか!というのが性能です。

  V.S. 

ウールマットは目が細かく、すぐに目詰まりを起こします。ちょこちょこ洗う必要があります。ちょこちょこ洗う必要があるため、水を綺麗にするバクテリアの力で水を綺麗にする生物濾過を期待した使用方法が難しく、ウールマットにゴミをこしとってもらう物理ろ過を期待した使い方をするしかないです。

物理ろ過をメインとして使った場合、バクテリアを気にする必要がないため、使い捨てで使うことができます。価格もやすいため、ためらいなく使い捨てで使えます。ですが、世間には高耐久性のウールマットがあるのです。これはなぜでしょうか?

長く使いたいという人がいるからです。洗っても型崩れしなくて、長持ちするウールマットが欲しい人がいるからです。

ウールマットを洗って使いまわすとどんな良いことがあるのでしょうか?

ウールマットは洗う時、雑巾を洗うように揉み洗いして汚れを綺麗にします。その際、ウールマットの繊維が切れたり、絡み合ったりします。

キレた繊維は先端が鋭利な状態となり、ゴミに突き刺さりゴミをキャッチしやすくなります。

絡み合った繊維は、絡み合った部分でゴミをキャッチしやすくなります。

ウールマットを洗うたびに、繊維がキレたり絡まったりします。そのため、どんどん性能が向上していきます。ウールマットを洗って繰り返し使うことで、性能が向上するのに、使い捨てにするのはもったいないです。

何度も洗って使うことにメリットはありますが、何度も使うためには、寿命が長い厚くてしっかりしたウールマットを使う必要があります。安くて薄っぺらいウールマットでは、ちぎれるのが早く、何度もあることに持ちこたえられません。

スポンサーリンク

安いウールマット v.s. 高いウールマット 比較検証

  V.S. 

安いウールマットと高いウールマットを比較してみましょう。写真の通り、安いウールマットと高いウールマットは枚数は同じなため、単純に値段の違いだけで比較できます。

安いウールマットが6枚で200円。対して高いウールマットは6枚で400円です。値段は倍です。

安いウールマットの使い方

・1回使ったら廃棄する

高いウールマットの使い方

・3回まで洗って使う

と過程した時、高いウールマットを新しくする前に安いウールマットは3枚取り替えることになります。高いウールマットが1袋分の6枚使うまでに、安いウールマットは3袋の計18枚使います。ということは、高いウールマットを使うと、実質200円の徳をすることになります。

安いウールマットを洗って何度も使うことは可能ですが、実際に使うと3回までが限界です。それに対して高いウールマットは6回以上洗って繰り返し使うことが可能です。これは、僕の使用条件の場合ですが、結構ゴシゴシ洗います。

手間は増えてしまいますが、安いウールマットを使い捨てにするより、高いウールマットを使用した方がお得です。

そして、ウールマットは洗って使いまわすことでより高い性能を発揮します。ということは、高いウールマットを使った方がメリットが多いということがわかります。

じゃあここで、だめ押しの一発を・・・。安いウールマットと高いウールマットの厚みの違いをみていただきましょう!

高いウールマット


ジェックス パワーマット 徳用6枚入り

安いウールマット


ジェックス 徳用6枚入り ろ過マット

一目瞭然ではありませんか?安いウールマットは写真越しでも見てわかるやっすいヤツやんですよね。この差を見たら、高いウールマットを洗って何度も使った方が良いということがわかります。

まとめ 高い丈夫なウールマットを使った方が良い理由

高い丈夫なウールマットを使った方がいい理由のまとめです。

・ウールマットは何度も洗って使うと性能がUPする

・高いウールマットは何度も洗って使うことができる

・安いウールマットはペラッペラで何度も使えない

ウールマットは何度も洗って使うと繊維がキレたり絡み合うことでゴミをよりキャッチしやすくなります。何度も洗って使うためには、安いウールマットではすぐにダメになってしまうので、高い丈夫なウールマットを使い、より効果を高く、かつ、効率よいろ過をしてあげましょう!!

ちなみに僕は

ジェックス パワーマット 徳用6枚入りを愛用しています。使いかけでごめんなさい笑

これ本当に厚くて丈夫です。GEXは評判がよくないので避ける傾向にありますが、これはオススメです。チャームの楽天市場店のリンクを貼っておきます。


ジェックス パワーマット 徳用6枚入り 関東当日便

コメントお待ちしております。飼育方法で困っていることやこんな記事を描いて欲しいなどリクエストから、ご意見・ご感想までなんでもお寄せください!コメントは下のコメント欄からお願いします。

金魚を長生きさせる方法をたくさんの人に紹介したいので、
ぜひ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク