水作SPFにホワイトがあるって知ってる?

新しい商品でもないかな〜とチャームをサーフィンしていたら、水作スペースシャワーフィットのホワイトがあることを知りました。今回は、水作SPFのホワイトを紹介します。

スポンサーリンク

ブラックが標準 ホワイトもある水作SPF

知ってましたか?水作SPFのホワイトモデルが出ていることを。

水作のHPを見ても記載されておらず、知らなかった。トップページの画像には掲載されているんだけどね。

いや〜水作マニアだと思っていたけど、ただのファンでした笑

実際、白のろ過フィルターだとしても買うかと言うと・・・

日本人は白とか黒が好き

最近では、自分の好みの色を選択する人が増えてきましたが、何か買う時には、白や黒を選ぶ人が多いのが日本と言われています。

その象徴が車ですね。

走っている車を見ると大概が、黒や白です。

また中古車市場でもリセールが良いのは黒や白と言われていて、値段も白や黒の方が高いとも言われています。

そんなモノクロ好きな日本人としては、黒と白の選択肢があるのはいいですね〜。

個人的には黒だけいいけどね笑。ろ過装置に色を求めないので・・・

能力は抜群に高い 水作SPF

僕は、水作SPFを愛用しています。

メインの金魚水槽でも、亀水槽でも水作SPFを使用しています。

投げ込み式フィルターは水槽内の貴重な空間を占領してしまいますが、そんな貴重な領域を使ってでも使いたいのが水作SPFです。

金魚水槽となるとメインで水作SPFを使うことは難しいですが、使い勝手もよく、サブフィルターとしては抜群の効果があります。

僕個人の意見としては、メインで上部フィルター、サブで水作SPFがゴールデンコンビと言い切ります笑

まだ、水作SPFを知らない人は、この記事を読んでください。

水作のSPFはサブフィルターの王者だと信じてやまない
僕は水作のフィルターを選ぶ傾向がありますが、その中でもスペースパワーフィット(略してSPF)は、サブフィルターとして使うのに最適!と信じて止みません。今日は、SPFの魅力について、語ります。 ...

もちろんデメリットもありますので、ご注意を。

スポンサーリンク

まとめ 水作SPFはオススメです

水作SPFは使いやすくて、オススメです。

ホワイト色も出たので、物珍しさに手に取って見るのもいいかもしれませんね〜

スポンサーリンク