餌を入れる容器を百均で購入した ダイソー ホーロー

自作に失敗したので、餌を入れる容器をダイソーで購入してきました。僕の要求を満たすアイテムがなかったんですが、その中でも良さそうなアイテムがあったので、購入してきました。今回は、ダイソーのホーローフタ付きボウルを紹介します。

スポンサーリンク

ダイソー ホーロー フタ付きボウル 10cm

こんにちは!おおたわら(@otarwara254)です。

先日、餌を入れる容器の自作に失敗した話をしました。

餌を入れる容器を作ろうとしたら失敗した・・・
餌の容器にヒビが入ったので、良い容器を探したんだけどなかったから作ろうとしました。ですが、失敗しました涙。意外と簡単じゃないのね・・・ 気にいるのが無いなら作ればいいじゃん こんに...

失敗したので、百均で容器を購入してきました。

ダイソーのホーロー フタ付きボウルです。

金魚を入れる白いホーローを連想させる入れ物ですよね。

密封できるようにフタが付いています。

残念ながらフタが透明なので、遮光ができません。

遮光できるようにフタは改造する予定です。今の所は、黒い紙を乗せてしのぐことにします。

ちょうどいいサイズ

餌を入れるとこんな感じです。ちょうどいいサイズ感です。

新しい餌じゃないので、ちょっと少なめですが、一袋ちょうどかちょっと足りないかぐらいのサイズです。

ちなみに亀の餌を入れるとこんな感じです。

亀の餌はかなり減っていたので、ちょっとです。

どちらもちょうど収まりました。

ホーローなので、金属です。密封性は大丈夫そうですね。

餌を移し替える時は密封と遮光

僕は餌をあげる時に軽量スプーンを使用していますが、袋だと量が少なくなるとスプーンですくいづらいんです。

なので、餌が入っている容器を変えています。

餌を入れる容器を選ぶ時には注意が必要です。

・密封できているのか?

・遮光できているのか?

この2点は注意して選定してください。

どちらも餌の品質を下げます。密封できていないと酸化して劣化しますし、遮光できてないと紫外線による分解がおきます。

乾燥剤も忘れずに入れてくださいね。

遮光について考えてなくて、僕も前に怒られましたので、注意ですぞー

スポンサーリンク

まとめ 遮光+密封が重要

餌を入れる容器の自作に失敗したので、ダイソーで既製品を購入してきました。

ダイソーのホーロー フタ付きボウルです。

フタが透明なので、遮光できるように改造が必要ですが、サイズ感はぴったりで良いです。

乾燥剤を入れれば酸化も防げるぐらいん密封はできてそうなので、遮光だけできれば良いアイテムだと思います。

また、容器を重ねてもいいですが、安定性はないので注意です。

実は、この餌容器物語はまだまだ続きます。

次はどんなアイテムを購入したのか、お楽しみに・・・

スポンサーリンク