上部フィルターのろ材の最強な組み合わせはこれだ!

このブログでは上部フィルターを推しています。上部フィルターは高いポテンシャルを持っていますが、それも入れるろ材によって最大限に引き出す事ができます。今回は、上部フィルターの能力を最大に引き出す、最強のろ材の組み合わせを紹介します。

スポンサーリンク

生物濾過に外せないのがリングろ材

リングろ材は生物濾過を行うバクテリアの本拠地となるため、絶対に欠かせないろ材です

リングろ材はその名の通り、リング状になっているろ材です。ガラス材を使ったものや陶器、竹炭を使ったものがあります。どんな材料で作られているか?は、値段の差に直結しますが、寿命にも直結します。

ろ材の表面積が大きいほどバクテリアが住み着く面積が多くなるため、バクテリアがたくさん住み着きます。リングろ材の表面は、目に見えないサイズの穴がボコボコ空いています。たくさんある穴がより大きな表面積を生み出すため、バクテリアがたくさん住みやすいろ材なんです。

ろ過にはウールマットが必要不可欠!!

ウールマットは、水中に浮遊するゴミ(金魚のフンなど)をキャッチして水を綺麗にしてくれます

物理的にゴミをキャッチするろ過方法を物理ろ過と言います。リングろ材の能力を長期間発揮させるためには、物理ろ過をしっかりさせる必要があります。

物理ろ過できちんとゴミをキャッチすることで、生物ろ過をするリングろ材にゴミが届きにくくなります。そうすると、リングろ材にゴミがつまる事がなくなるので、長期間ろ過フィルター掃除せずにすみます。

ウールマットを何度も洗って使いまわした方が良い理由

上部フィルターはポンプで吸い上げられた水が一番最初にウールマットを通ってろ過されます。最初にどれだけゴミをこし取れるか!というのがウールマットにとって重要な性能です。

  V.S. 

ウールマットは目が細かく、すぐに目詰まりを起こします。こまめに洗う必要があるため、水を綺麗にするバクテリアの力で水を綺麗にする生物濾過を期待した使用方法が難しいです。

ウールマットは洗う時、雑巾を洗うように揉み洗いして汚れを綺麗にします。そうするとウールマットの繊維が切れたり、絡み合ったりします。

参考記事:ウールマットを洗う時のコツ

キレた繊維は先端が鋭利な状態となり、ゴミに突き刺さりゴミをキャッチしやすくなり、絡み合った繊維は、絡み合った部分でゴミをキャッチしやすくなります。

ウールマットを洗うたびに、繊維がキレたり絡まったりするため、どんどん性能が向上していきます。ウールマットを洗って繰り返し使うことで、性能が向上するのに、使い捨てにするのはもったいないです。

生物ろ過も物理ろ過もできる粗めマットを有効活用

粗めマットは、ウールマットのような物理ろ過とリングろ材のような生物ろ過が期待できます。その中でも生物ろ過は、リングろ材よりも早い効果が期待できます。

粗めマットは、ネット上で不要と言われています。使い方では安価、かつ、効果のあるろ材です。それでは、粗めマットの良いところを紹介します。

参考記事:上部フィルターの粗めマット不要説に異論を唱えます

・コストが安い

リングろ材が1Lで¥1,500ぐらいします。それに対して粗めマットは3枚で¥500です。コストの安さは定評があります。

・バクテリアの定着が早い

リングろ材に比べて立ち上がり(バクテリアの定着)が早いです。そのため、水槽の立ち上げ直後に効果を発揮してくれます。リングろ材でバクテリアが定着してくれると、リングろ材と粗めマットのダブルの効果が期待できます。

・バクテリアを減らさずにメンテナンスできる

粗めマットは安価であることから、複数枚使用する事が容易にできます。粗めマットを2つ入れることで、交互にメンテナンス(掃除)をすることができ、バクテリアを減らさずにメンテナンスすることができます。

バクテリアを減らさずにメンテナンス(掃除)することで、水質の悪化を避け、メンテナンス(掃除)直後の金魚の体調悪化を防止する事ができます。

僕は、粗めマットをローテーションして使えるところが最大のメリットだと考えています。金魚を長生きさせるためには、メンテナンス時のバクテリアの減少を防ぐことは重要です。

上部フィルターの最強の組み合わせはこれだ!

上から

ウールマット

粗めマット

リングろ材

粗めマット

この順番で組み合わせると最強の上部フィルターが出来上がります。

僕の環境はこの順番&組み合わせです。メンテナンス、ろ過能力、コスパを考慮して、総合的に判断した結果、この組み合わせが最強の組み合わせです。

この組み合わせを行う場合、上部フィルターの容量が足りないと感じる事があります。そんな時に改良方法を紹介します。

ウエット&ドライろ過槽で能力を最大限に引き出す

先ほど紹介したろ材の組み合わせだと、ほとんどの上部フィルターだと手狭だと感じると思います。そんな時に、さらなる改良でよくなります。その方法は、

GEXのウエット&ドライろ過槽を使用する事です。


GEX ウェット&ドライろ過槽 60cm水槽用上部フィルター用

ウエット&ドライろ過槽は、簡単に言うと上部フィルターのろ過槽を増やす事ができるアイテムです。しかも上部フィルターの上に乗せるだけと超お手軽です。

GEXのグランデ600R、グランデカスタム600、デュアルクリーン600、デュアルクリーン600SPを使用している人は、上部ろ過に乗っけるだけで使う事ができます。

そのほかの上部フィルターを使用している人は使用できないため、こちらの上部フィルターを購入することをオススメします。


GEX グランデカスタム600 60cm水槽用上部フィルター

グランデカスタム600は、上部フィルターとウエット&ドライろ過槽がセットになったものです。

スポンサーリンク

まとめ 上部フィルターが最強だ!!

上部フィルターの最強のろ材の組み合わせを紹介しました。おさらいしておきましょう。

上部フィルターに最適なろ材は

・ウールマット

・粗めマット

・リングろ材

このろ材は、下記の順番でセットすることで、最強のろ材の組み合わせになります。

1)ウールマット

2)粗めマット

3)リングろ材

4)粗めマット

最強のろ材の組み合わせの能力を最大限引き出すために、GEXのグランデカスタム600を使用すると良いでしょう。

金魚水槽には上部フィルターが最も適しているフィルターです。その上部フィルターの能力を最大限に引き出すために、紹介したろ材の組み合わせと了解した順番でろ材をセットすることで、最強の上部フィルターを作る事ができます。ぜひ、やってみてください。

コメントお待ちしております。飼育方法で困っていることやこんな記事を描いて欲しいなどリクエストから、ご意見・ご感想までなんでもお寄せください!コメントは下のコメント欄からお願いします。

金魚を長生きさせる方法をたくさんの人に紹介したいので、
ぜひ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. azzaro より:

    初めまして~
    上部フィルター常用者ですので大変興味が有ります。
    そこで、フィルターの順番(濾過の理屈)が逆と思うのですが・・・
    一般的には上から粗め → 細目 → (適宜)リング濾材 ではないでしょうか。

    何か特別な訳が有るとしたらお聞きしたいと感じました(^^ よろしくお願いします~

    • おおたわら より:

      azzaro様
      コメントありがとうございます。
      一般的なろ過システムと言うと、粗目→細目→リングろ材です。粗目で大きなゴミを取り除き、細目で細かいゴミを取り除く物理ろ過をします。そしてリングろ材で生物濾過という流れです。
      僕の紹介したろ材の組み合わせは、一般的なろ過システムと役割が異なります。
      一番上の細目で物理ろ過をします。粗目とリングろ材で生物濾過をします。粗目で生物濾過をすることを目的とするため、一般的なろ過システムと順番が異なります。
      粗目を2つ入れるのは、メンテナンスを考慮してます。リングろ材や1つの粗目を洗った時にバクテリアが極端に減ることを防ぐ役割をしています。
      長文になってすみません。こんな感じでございます。
      また、コメントお待ちしております。