金魚を飼うための5つの必須アイテム

金魚を飼い始める時に何を悩みますか?金魚を飼うのに何が必要なのか?何を揃えればよいのか?ということを悩むんではないでしょうか?

そんな金魚を飼い始める方に向けた金魚を飼うための5つの必須アイテムを紹介します。

スポンサーリンク

今のあなたの状況を確認しよう!

今、あなたが置かれている状況はどんな状況ですか?

この記事は、これから金魚を飼い始めようと考えている方に向けての記事です。金魚すくいで急遽金魚が我が家にきた!というかたは、この記事はあまり参考にならないと思います。

これから金魚を飼い始めようと考えている方は、この記事を読んで必須アイテムを揃えましょう。必須アイテムですので、金魚を飼うために必要最低限のアイテムのみを紹介します。

金魚の飼育環境を充実させたい場合は、別の記事を読んでください。

金魚の飼育をするために絶対に必要! 水槽

金魚の飼育をこれから始めるという方は、絶対に必要なアイテムです。極端な話水槽さえあれば、他のアイテムはなくてもなんとかなります。もちろん、水槽だけで飼育するのは初心者向きではありませんので、これから紹介する5つのアイテムを揃えるようにしてください。

水槽の選び方

水槽を買う際に一番最初に悩むポイントはサイズです。どの大きさの水槽を買うのが良いのか?ということを悩むと思います。まずは、水槽のサイズにつてい紹介します。

サイズについて

一般的なサイズは60cm水槽です。60cm水槽は価格やデザインが一番豊富なサイズです。水槽を置くスペースのある方は60cm水槽を選ぶようにしましょう。

なぜ、60cm水槽が良いかというと、金魚はよく餌を食べます。餌をよく食べるということは、フンをたくさんします。そして、水をすぐに汚します。水の量が多ければ多いほど水が汚れにくくなります。

60cm水槽は価格やデザインが一番豊富なサイズと言いました。60cm水槽用のアクセサリがたくさんあるため、金魚の飼育環境をより充実させたいと思った時に、選択肢が広がります。

金魚を死なせたくない!いろいろ楽しみたい!!という方は、迷わず60cm水槽を選びましょう。

デザインについて

次にデザインですが、次に紹介するアイテムと関係しますが、水槽台を用意できる方は、どんなデザインの水槽を選んでも構いません。水槽台を用意できない方は、黒いプラスチックのフチが付いているモデルを購入してください。

なぜ、水槽台がない場合、黒いプラスチックのフチが付いている水槽を購入しないといけないかというと、水槽は水が入り容器に大きな負荷がかかります。水槽台の場合、水平が出ていたり、頑丈であったりして水槽への負担が少なくて済みます。

しかし、水槽台ではなく、タンスの上やテレビ台などに多く場合、水槽の重さに台が耐えられなくなり、少しずつ歪んで行きます。だんだん水槽に負荷がかかり、割れます。

実際、僕は昔テレビ台の上に水槽を置いていましたが、ある日突然、ピシ!という音とともにガラスが割れました。水が滴りました。

こんなこともありますので、水槽台を準備できない人は黒いプラスチックのフチがついた水槽を買いましょう!!!

水槽が割れないためにも水槽台を買いましょう

水槽を買いましょう!と上で書きました。その中で水槽台に置いて、水槽への負荷を軽減させて水槽が割れることを防ぎましょうと書きました。

実際問題、水槽台はテレビ台などの家具に比べると高いです。

でも、この値段の違いはいろいろと裏があるのです。

水槽台は水に強くなければいけない

水槽台は歪んではいけない

水槽台は飼育用品を収納できなければいけない

水槽台はおしゃれじゃなきゃいけない

と制約があります。そのため、価格が他の家具に比べて高いのです。水槽は水が入るとそれなりの重さになります。例えば50Lの水が入るとすると水槽の重さは約55kgぐらいになります。55kgのものが常に乗っていても耐えられる台が必要です。

水槽を置く台をテレビ台と過程しましょう。テレビの重さはどのくらいでしょうか?重くても20kgぐらいじゃないでしょうか。2倍以上も重さのある水槽が24時間365日乗っていると想像するとテレビ台を水槽台の代わりにしてはいけないと想像がつくと思います。

もう少しイメージしてみましょう。55kgというと、一般女性ぐらいありますよね。そうなると一般女性が24時間365日座っているのと同じです。そう考えるとテレビ台は水槽を置くには不向きだと思いませんか?

昔、椅子なら耐えられると思いましたが、水槽を置けるだけの横幅がない。座ることを予想しているため、お尻の形に湾曲させていて平らではない。そんなことがあり、椅子を水槽台の代わりにすることはできませんでした。

もちろん、椅子を水槽台にしようと考える人はいませんよね笑

水槽台は家具のようなデザインのものもありますので、インテリアとして水槽を置くこともできます。インテリアとして水槽がリビングにあったら、ちょっと高級なお家になった気分になりますよね。そんなインテリアとしても使うことができます。

魚だって酸素が欲しいんだよ エアーポンプ

金魚を飼うために必要なものを浮かべた時に誰もが思い浮かぶものといえば、エアーポンプ(ブクブク)ではありませんか?

金魚はエラ呼吸ですが、酸素が必要です。水に酸素が溶け込んでいる必要があります。その酸素を水中に供給するのが、エアーポンプ(ブクブク)です。

もう一つ、酸素を必要としている生き物が水槽の中にいます。

それは、バクテリアです。水を綺麗にしてくれるバクテリアが酸素を必要としています。金魚が長生きするためには、水を綺麗にしてくれるバクテリアを大事にすることがポイントです。

金魚を長生きさせるために、エアーポンプは購入するようにしてください。オススメは、水作の水心です。より静かで、丈夫です。

水を綺麗にしないと金魚がかわいそう ろ過器

金魚が出すフンを漉し取るためにろ過器を準備するようにしましょう。ろ過器がないとフンがたまり、水が汚くなります。

でも、水を綺麗にするバクテリアがいればいいんでしょ?エアーポンプがあればいいんでしょ?と疑問を持った方はいますか?

鋭い!!賢いです。

水を綺麗にするバクテリアがいれば、ろ過器は必要ありません。ですが、、、水を綺麗にするバクテリアも住処がないと増えません。水を綺麗にするバクテリアをたくさん増やすためにもろ過器が必要です。

ろ過器は2つの役割があります。物理ろ過と生物ろ過って聞いたことありませんか?

金魚がしたフンを取り除く:物理ろ過

水を綺麗にするバクテリアの住処:生物ろ過

この2つの機能を持たせることができれば、良いろ過器といえます。でも、ろ過器は種類が豊富で、たくさんあります。どれを選んだら良いか悩みます。

初心者は、上部フィルターを購入してください。メンテナンスがやりやすくて楽です。そして、水を綺麗にするバクテリアに必要な酸素を水中に供給する機能も持っています。まずは、上部フィルターを使うことを強くオススメします。

ちなみに僕は、上部フィルターを使っています。金魚の飼育は上部ファイルターが楽チンです。

これがないと金魚は死んじゃうね エサ

これが最後、5つ目の必須アイテムです。エサです。

エサなんてご飯粒やパンをあげとけばいいんだよ!という方もいるかと思います。初心者じゃなければそれでも大丈夫だと思います。でも初心者は、専用の餌を購入してください。

なぜか?

専用の餌は水を汚しづらい

専用の餌は栄養価が高い

という理由からです。水が汚れると金魚にとって良くないとわかりますよね。水を綺麗な状態で保つためにエアーポンプだったり、ろ過器を使ったりしているので、餌でガンガン汚していては元も子もありません。

ご飯粒やパンは水に入れるとすぐにバラバラになってしまい、水に溶け、水を汚します。それに対して専用の餌はしっかりとしていて金魚が食べるまでの間、バラバラにならずにいます。水に溶けにくく、水を汚しにくいです。

そして、専用の餌は金魚に必要な栄養を混ぜているため、金魚の健康を保つためには最適なのです!

そんな2つの理由から専用の餌は飼うようにしましょう。餌についてはほとんど好みの問題ですので、最初は、なんでもいいです。こだわりが出てきたら、いろいろ選んで見るようにしてください。

最後に・・・

ここまで5つの必須アイテムを紹介しました。簡単にまとめようと思いましたが、なかなか難しいですね。それぞれのアイテム毎に詳しく紹介したページも投稿しますので、そちらもご覧ください。

実際のところ、金魚を飼っていくといろいろなアイテムが増えていきます。一方で不要なアイテムも出てきます。なので、まずは、ここで紹介した5つの必須アイテムを揃えて置くことをオススメします。

必須アイテムなので、不要になることはありませんので、揃えておいて損はありません。

5つの必須アイテムをおさらいしましょう

・水槽

・水槽台

・エアーポンプ

・ろ過器

・餌

まずは、この5つの必須アイテムを購入しましょう!!!!!

チャーム本店

と長々書きましたが、実際選ぶとなると難しいと思いますので、オススメのセットを紹介しておきます。アマゾンのリンクも貼り付けておきますので、価格など確認してみてください。価格が安くて比較的良いもののみ貼り付けてます。

ジェックス マリーナ600 LEDセット

これは金魚の飼育に必要な水槽、ろ過器がセットになっているものです。他にもライトなども付いていて良いです。

ジェックス 扉付キャビネット610W クロ木目

水槽台はこのスタイリッシュのものがオススメです。インテリアとしても使えるので、リビングにおいても良いです。

水作 水心 SSPP-3S

エアーポンプは紹介した水作の水心です。静かで頑丈で安定感があります。ネットでも評判は良いのでオススメです。

 
ソフトチューブ白4.5m  スドー バブルメイト S105-D

ポンプだけでは、水中に酸素を送り込むことができないため、このチューブとエアーストーンは必要になります。

ヒカリ (Hikari) アイドル〈特小粒〉 300g

餌はこれが一般的です。この餌で良いです。品評会にだしたりするなら話は別ですが、ずっとこれでも問題ないぐらいです。

コメントお待ちしております。飼育方法で困っていることやこんな記事を描いて欲しいなどリクエストから、ご意見・ご感想までなんでもお寄せください!コメントは下のコメント欄からお願いします。

金魚を長生きさせる方法をたくさんの人に紹介したいので、
ぜひ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク