上部フィルターには交換用ポンプがある

ろ過フィルターが止まったことを考えたことありますか?投げ込み式でも上部フィルターでも外部フィルターでも、機械を使用している以上壊れることはいつかあります。その時のために備えは必要です。今回は、ポンプの交換について紹介します。

スポンサーリンク

ポンプの故障はつきもの

ろ過フィルターにはポンプが必ずついています。エアリフト式のフィルターでもエアポンプが必須です。

ポンプは365日24時間動いています。動きを止めるのは、水交換やお掃除の時ぐらいです。

普通の家電製品でも365日24時間動いているものは多くありません。そんな常に動いているものは高価なものだと思います。

そんな常に動いているポンプですが、機械なので壊れることはあります。常に動いているからこそ、掃除の時に止めたあと動かなくなるなどあります。

故障はつきものです。そんな時に交換で切るポンプがあると便利ですよね。

上部フィルターは交換用ポンプがある

投げ込み式フィルターや外部フィルター、上部フィルターなどいろいろなろ過フィルターがありますが、ポンプのみを交換できる便利さがあるのが、上部フィルターです。

他のフィルターはろ過槽も一緒に交換しなければいけませんが、上部フィルターは交換用ポンプが売っています。


GEX 交換用ポンプ GB−600 淡水専用 ジェックス 関東当日便

交換ポンプがあるからこそ安心できますが、といっても余計な費用がかかります。安いとはいうもののホームセンターで買えば約4000円、ネットで買えば約2000円ものする代物です。

また、ポンプはいつ壊れるかわかりませんが、壊れてから買っては遅いというものです。ということは、交換時期を見極める必要があります。

スポンサーリンク

上部フィルターのポンプの交換タイミング

上部フィルターの交換タイミングですが、意外とわかりやすいです。

上部フィルターは、ろ過層のフタを開ければ、水が流れている量を見ることができます。フィルターにゴミが詰まっていたり、ポンプがへたってくると流れている水量が少なくなります。

上部フィルターはその水量を掃除するタイミングで確認できるため、交換タイミングを見極めることができます。

水量が少ないな〜と感じたら、一度掃除してみてください。意外と掃除で元に戻ります。掃除しても量が元に戻らない場合は、ポンプがへたっています。

これがポンプの交換タイミングです。水量が減るとろ過される水の量が減りますので、水の汚れ方が酷くなります。水換えを頻繁にできない方は、早めの交換をオススメします。

交換目安は、1年半〜2年ぐらいは様子見でいけます。僕は、サブフィルターを使用しているためもう3年ぐらいは使っています。

今日、水換えをした時に、そろそろ交換タイミングかな〜と思うぐらい水の量が少なくなっていました。

ちなみに僕は、GEXのグランデ600を使用しているので、GEXの交換用ポンプを購入します。


GEX グランデ・ビッグボーイシリーズ用 交換用ポンプ MB−600淡水・海水両用 ジェックス 関東当日便

海水も対応しているポンプもありますが、こっちは水量も少ないし、淡水専用に比べて若干割高ですし、海水では使用しませんので、淡水専用を購入します。

まとめ ポンプは早めの交換をオススメします

ポンプが止まるとバクテリアが死滅してしまうため、ポンプが壊れる前に交換してあげた方が良いです。また、水量が少なくなるとろ過される水の量も減るので、水の汚れ方が早くなります。

早めに交換してあげた方が金魚にも良いです。

上部フィルターはポンプの寿命を目で確認できるので、重宝します。交換用ポンプも販売されているので、安心ですね。

みさなんも次のお掃除のタイミングでろ過フィルターの水量を確認してみてください。水量が減ってきていたら、交換のサインですよ!!

参考記事:金魚の飼育には上部フィルター!と言われている件

参考記事:上部フィルターのろ材の最強な組み合わせはこれだ!

コメントお待ちしております。飼育方法で困っていることやこんな記事を描いて欲しいなどリクエストから、ご意見・ご感想までなんでもお寄せください!コメントは下のコメント欄からお願いします。

金魚を長生きさせる方法をたくさんの人に紹介したいので、
ぜひ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク