ライトの点灯時間は短めに

金魚水槽でのライトの点灯時間はどのぐらいが良いのでしょうか?実際、水草を育てている訳ではない水槽で、ライトが必要なのか?という疑問もあると思います。今回は、金魚水槽におけるライトの必要性と点灯時間について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ライトはどんなものがあるのか?

ライトといってもいろいろな種類があります。蛍光灯やLEDなどいろいろなライトがあります。そもそもライトはどんなときに使用するのでしょうか?

・水槽内を明るくして、金魚の鑑賞をする

・金魚の生活リズムを作る(日中と夜の区別をつける)

・水草の育成をする

これらの3つがライトの大きな役割と言えます。さて、長生きさせる金魚の飼い方という観点からみるとどれが重要な役割と言えるでしょうか?

水槽内を明るくして、金魚の鑑賞をする

水槽を明るくして金魚の鑑賞をすることはとっても重要なことです。金魚の動きを観察し、元気なのか?調子が悪くないのか?と確認するのです。

金魚の様子を確認し、病気かどうかすぐに見つけるためにライトをつける。

全ての病気は早く見つけることが重要です。病気を早期発見することは、金魚たちを死なせる可能性を抑え込むということになります。

金魚を長生きさせる観点から行くと、ライトの設置や点灯は重要なことだとわかります。

参考記事:金魚の病気の処置方法 あなたがドクター 私失敗しないので

金魚の生活リズムを作る

金魚の生活リズムを作ることが一番重要な項目と言えます。

人間で置き換えるとよりわかりやすいと思います。朝昼晩がはっきりとしない場合、どうなりますか?ぼーっとしてしまいますよね?なんだか体調が優れず、徐々に塞ぎがちになると言われています。

金魚も同じように、生活リズムと体内時計のバランスが崩れると、体調が崩れて行きます。

生活リズムは非常に重要で、生活リズムを整えてあげることは金魚の飼育に重要なポイントとなります。

スポンサーリンク

LEDライトがトレンド

実際、金魚の飼育にはどんなライトが良いのでしょうか?

LEDライトはランニングコストがとても安価です。水槽の電気は金魚の生活リズムを作るという観点から行くと8時間程度点灯しておいた方が良いです。ただ、コケなどの発生もありますので、6時間がオススメです。

毎日8時間点灯した場合、ランニングコストをきにする必要があります。そのため、LEDライトをオススメします。また、LEDでも蛍光灯でも本体の値段はそこまで変わらないので、LEDライトが良いです。

LEDライトは色々な色に光を変えられるため、鑑賞として最適です。ライト本体も薄いため、インテリアを気にした方には、水槽がスマートに見えて良いです。


コトブキ工芸 kotobuki フラットLED 600 60cm水槽用照明


GEX クリアLEDパワー3 600 60cm水槽用照明

まとめ ライトは必要アイテム

必須という訳ではありませんが、金魚の体調を管理するためには、ライトは準備しておいて方が良いです。

個人的にはLEDライトが管理やランニングコスト的には有利なので、オススメです。

セット水槽を購入するとライトはセットでついているので、どれを買ったら良いか悩む必要もありません。初めて金魚を購入するのであれば、たくさんのアイテムがセットになっているものを購入すると、ライトもついていて便利です。


50Hz/60Hz共用 GEX ラピレスRV60GT LEDセット 9点+10点 豪華合計19点セット!

コメントお待ちしております。飼育方法で困っていることやこんな記事を描いて欲しいなどリクエストから、ご意見・ご感想までなんでもお寄せください!コメントは下のコメント欄からお願いします。

金魚を長生きさせる方法をたくさんの人に紹介したいので、
ぜひ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク