金魚に白い点々が出てきた。元気もないし、どうしよう・・・ 白点病の対処

金魚が元気が無くなり、体表面に白い点々が出て、間も無く金魚が死んでしまったという経験をお持ちの方は少なくないと思います。今回は、水温が安定しない春や秋に発生しやすく、小さい金魚は特にかかりやすい病気、白点病の対処について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

白点病はどんな時になる病気?

白点病、聞いたことありませんか?金魚を飼い始めたりした場合、必ずと言っていいほど通る道だと思います。憎っくき白点病。僕も何度も経験しました。

弥富でたくさん買ってきた金魚が、集団で白点病にかかってしまいほとんどを命を落とした。あの時は、もう金魚を買うのやめようと思った。でも、金魚が好きだから、次は死なせないぞ!と思っていろいろ勉強して、飼っています。

悲しい話はさておき、今回は白点病を紹介します。

白点病は、水温が安定せず、特に水温が低温に推移している時におきやすい病気です。春先や初夏は白点病が起こりやすい時期です。水温については、先日紹介した記事も合わせてご確認ください。

金魚だから温度なんて気にしなくていい!?? 水温について考える
金魚は池で飼うことができるほどで、水温が低くても多少高くても元気に生きていくことができます。じゃあ、水槽で飼うときも水温について考えなくてもいいんでしょうか?いいえ、違います。ちゃんと水温につ...

白点病は厄介で、1匹発症すると水槽全体に広がり、ほとんどの金魚が発症します。伝染病です。なので、1匹発症したら、急いで水槽全体に対して処置しないといけません。金魚の体力が減っている時に発症しやすい病気です。

症状

・金魚が体をこするような動きをする

・金魚の体表面に白い点々ができる

金魚を買う時、金魚が体をこするような動きをしていたら、その水槽から金魚を買うことはやめましょう。お店によっては、水槽全部が繋がっている可能性もあるので、注意しましょう。

白点病は、白い点々が体にできるから白点病と言いますが、体全体に白い点々が確認された時には、末期に近いです。早めに見つけてあげることが大事です。なので、体をこするような仕草をしたら、すぐに処置を始めましょう!!

白点病の処置方法は、まず塩と加温

白点病を発症した場合、まずは、浴させます。合わせて、28度近く水温をあげます。については、こちらの記事も参考にしてください。

ちゃんと金魚の常備薬を準備してますか?金魚の常備薬とは??
金魚の体調が悪くなり始めた場合に使う常備薬って持っていますか?金魚が体調を崩し始めたらすぐに悪化しますので、ちゃんと常備薬は準備するようにしましょう! 今回は、金魚の常備薬につい...

0.5%の塩浴と28℃の加温で、直すことができます。メチレンブルーなどの薬を使うことも有効ですが、扱いが難しいので極力塩浴と加温で対処しましょう。

簡単に処置手順を紹介します。

1、0.5%の浴をさせるため、0.5%の濃度にした水をバケツに作る

2、ヒーターを入れ、28℃に加温する

3、バケツをエアレーションする

4、金魚をバケツに移す(この時水合わせと温度合わせを忘れずに)

5、水槽をリセットする(綺麗に洗ってください。)

基本は水槽で処置した方が水合わせや温度合わせをしなくて良いですが、元気になったら戻す水槽を用意しておきたいということと薬を使う可能性があるので、水槽とは別の容器にしておきたいから、バケツで処置することをオススメします。

浴しているため、すぐに水が悪くなります。また、金魚が代謝を促されていることや加温していること、白点病の病原菌が体から離れたりするため、水換えは頻繁に行いましょう。

水換えは頻繁に行いますが、大量にしてはダメです。毎日1/5ぐらいずつ変えましょう。

白点病の病原菌は、金魚の体内で栄養を取り成長し、体の表面に現れます。その後体から離れて増え、また体内に戻るというサイクルで活動します。白い点々が表面に出たら末期に近いというのは、そのためです。また、金魚の体表面に出てきた時が叩きどきでもあります。

金魚の表面に出たら、そのあとは金魚の体から離れます。その時に水を変えると病原菌の量が減ります。そんな意味も込めて、水換えをすることをオススメします。

処置方法は金魚すくいで取ってきた金魚の処置方法と同じです。浴して加温して、くらいところで安静にさせる。基本はこれです。そのため、もう少し丁寧に処置方法を書いたこの記事も参考にしてください。

金魚すくいの金魚を長生きさせる飼い方
金魚すくいは夏祭りのメインイベントです。特に子供達は、金魚すくいが大好きで金魚すくいをやりたがります。金魚すくいはやっている時は楽しい。そして、最後に金魚が取れなくてもおまけで金魚をくれます。...

白点病の予防策

白点病は水温が安定しない時期、金魚の体力が落ちている時期にかかります。ということは、水温を安定させ、金魚の体力が落ちないようにしてあげれば良いです。

水温を安定させるのは簡単です。ヒーターを使って温度の振れ幅を下げればいいのです。春先〜初夏ということであれば25℃設定にしておけば、OKです。特に水温が下がると発症しますので、高めの設定にしておきましょう。

問題は金魚の体力が落ちないようにすることです。一番大切なのは、飼育環境の安定です。水槽がちゃんと立ち上がって入ればかかることはまずないでしょう。水槽が立ち上がっていないとアンモニア中毒になったりして体力が奪われます。その隙に白点病の脅威が迫ります。

水槽を立ち上げるための方法はこの記事を参考にしてください。

水槽の立ち上げを抜群に早くする効果的な方法
長生きさせる金魚の飼い方ということで、いくつかの効果的な金魚のしく方法やアイテムを紹介してきました。今回は、水槽の立ち上げ時に役立つ情報、水槽の立ち上げを抜群に早くする効果的な方法を紹介したい...

アンモニア中毒を防ぐための方法はこの記事を参考にしてください。

金魚を長生きさせるために絶対に買うべきアイテム
この記事を読めば、僕の持つノウハウの半分を晒すことになります。そのぐらい重要な内容を書きます。金魚を長生きさせることのできる絶対に買うべきアイテムを紹介します。 僕の金魚の飼育方...

水槽を立ち上げることも重要ですが、立ち上がった水槽を維持することも大切です。水換えや掃除を定期的に行い、ろ過フィルターの目詰まりを防いだり、新しい水を追加したりする必要があります。結構忘れがちなメンテナンスをしっかりやることが重要です。そんな忘れがちなメンテナンスを効率的に行う方法も紹介した記事がありますので、参考にしてください。

金魚を長生きさせる為のメンテナンス続ける方法
金魚を長生きさせるためには、日々のメンテナンスは欠かせません。でも、日々のメンテナンスは大変だし、忘れたりしがちです。少しならいいけど、長期間メンテナンスを怠ると金魚の体調にも関わります。 ...

飼育水の交換を簡単にするマネしてほしい方法
飼育水の交換は金魚を飼う上で必要なメンテナンスです。先日、メンテナンスを忘れずにやる方法を紹介しましたが、今回は、マネしてほしい飼育水の交換を簡単に素早くやる方法を紹介します。 ...

なんだか過去の記事の紹介ラッシュになってしまった。ただ、初期に重要なことは過去の記事に書きまくったので読んで欲しいです。一度試して、合わなかったら変えれば良いです。まずは試してみてください。飽きっぽくてめんどくさがりな僕ができているので、きっと楽できると思います。

まとめ

白点病はいち早く見つけ、対処することが重要です。金魚が体をこするような仕草をしたら、白点病を疑い、0.5%の浴と28℃の加温を行いましょう!

日々のメンテナンスや水温の安定化を行うことで、白点病を防ぐことができます。しっかりと世話をしてあげましょう!

処置に必要なもののリンク貼り付けておきます。ご確認ください。


GEX NEW セーフカバー ヒートナビSH160 熱帯魚 水槽用 ヒーター SHマーク対応 統一基準適合 関東当日便


スドー 金魚の天然珠塩 1kg 関東当日便


動物用医薬品 観賞魚用魚病薬 メチレンブルー 200cc 熱帯魚 金魚 白点病 尾腐れ病 水カビ病 関東当日便

コメントお待ちしております。飼育方法で困っていることやこんな記事を描いて欲しいなどリクエストから、ご意見・ご感想までなんでもお寄せください!コメントは下のコメント欄からお願いします。

金魚を長生きさせる方法をたくさんの人に紹介したいので、
ぜひ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク