金魚を水槽に入れる前に必ず水あわせを!!

金魚を買ってきた時には、水槽に入れる前に必ず水あわせを行いましょう。人間は暑い時には服を脱ぎ、寒い時には服を着ることができ、いきなり暑いところや寒いところに言っても体調を崩しづらいですが、金魚はそれができません。なので、いきなり水槽に入れるのではなく、水の水温や水質を合わせて上げることで、体調を崩すことを防いであげます。

スポンサーリンク

水あわせの大まかな流れ

水槽に金魚を入れる前に行うのが水あわせです。金魚が今まで住んでいた水から水槽の水に徐々に慣らせるということです。大まかな流れですが、

① 水槽に金魚が入っている袋を浮かべる

② 金魚の入っている袋に水槽の水を少しずつ加える

③ 金魚だけを水槽に移す

たった3つの工程ですが、これをすっ飛ばすと金魚は死んでしまいます。必ず行うようにしましょう。それでは、詳細を紹介していきます。

金魚が入った袋を用意した水に30分〜1時間浮かべる

金魚の入った袋を水槽に浮かべてください。この時注意することは、水槽の水や袋の水が行き来しないように注意してください。最終的には水槽の水は袋に入れますが、本当にちょっとずつ入れるます。いきなり入れたら、ダメですので、ここでは注意が必要です。袋の水は、汚れていたり、病原菌が潜んでいたりしますので水槽に入らないようにしてください。

30分〜1時間、袋を水槽に浮かべてください。

これは、金魚の入った袋の水温と水槽の水温を合わせるために行います。特に金魚すくいの金魚は弱っているため、少しの水温の変化ですぐに死んでしまいますのでご注意を。

金魚をバケツに移動し、ちょっとずつ水槽の水を入れる

金魚の入った袋を水に浮かべて30分〜1時間たったところで、金魚をバケツに移動させてください。この時は、袋に入っている水ごと金魚をバケツに移動させます。

その後、エアーレーションで使用するチューブを使って、少しずつ水槽の水をバケツに入れていきます。バケツがいっぱいになるまで行います。バケツがいっぱいになったところで、水を半分捨て、再度バケツがいっぱいになるまで水を入れます。

この時、点滴と同じ程度感じで、ポタッ、ポタッという具合で少しずつ水を入れて置くことが大事です。


水合わせDXキット(説明書&おまけバケツ付き) 関東当日便

世間には便利セットが販売されていて、水あわせセットが販売されています。このサイトに水あわせの方法が動画で紹介されていますので、みてみてください。水を点滴のように入れるためにはどうしたら良いかも動画でわかりやすく紹介しています。(うまく説明できないから逃げてるわけではないからね!涙)

金魚だけを水槽に入れる

金魚の袋に入っていた水は汚れていますので、袋に入っていた水は入れずに、金魚だけ容器にいれてください。水あわせをするために水槽の水をなんどもバケツに入れて薄まっていますが、絶対にバケツの水ごと水槽に金魚を入れないでください。

あみですくっていれてください。手づかみはNGです。手で金魚を触ると、人間の体温で金魚がやけどします。名探偵コナンの中でコナンも言ってましたよね。アニメだからと言って侮れませんな〜笑

水あわせは必ずやってくださいね!!!

コメントお待ちしております。飼育方法で困っていることやこんな記事を描いて欲しいなどリクエストから、ご意見・ご感想までなんでもお寄せください!コメントは下のコメント欄からお願いします。

金魚を長生きさせる方法をたくさんの人に紹介したいので、
ぜひ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク