人工飼料だけでなく、生きたエサを与えた方がいい!?

昨日、新しいエサを買ってきたという記事を投稿しました。2日連続でエサについてです。新しいエサを買ってきましたが、やっぱり金魚は生きたエサが食べたいのかな?と思うことがあります。同じことを思っている方やそうでない方も生きたエサについて少し考えてみましょう。

スポンサーリンク

活きエサって?

活きエサとは何か?書いて字のごとく活きているエサです。生きているエサと言った方が良いでしょうか。

昔は金魚のエサと言えば活きエサでした。金魚屋さんにはイトミミズや赤虫などがたくさん売っていました。緑色の玉状のエサ以外は活きエサだったな〜と思い出します。僕もそんなに生きエサを与えていた記憶がないですが、生きたエサを入れる箱なんかあった気がします。

釣りの時に活きエサを使うので、その箱だったかもしれません。遠い記憶なので、うっすらと程度ですが・・・

最近では活きエサの採取できる環境が急速に代わり、今売られている活きエサは良いものが少なく値段もどんどん高くなっています。釣具屋さんなんかに行くと活きエサが売られていますが、金魚屋ではほとんど活きエサを見なくなりました。

金魚は活きているエサを喜んで食べるので、活きエサを与えたいところですが、なかなかそうも行かないのが活きエサの難しいところです。また、活きエサは水をよごしやすいため、与える場合は注意してください。

冷凍赤虫との違い

以前、冷凍赤虫について紹介しましたが、この冷凍赤虫と活きエサとの違いはなんなんでしょうか?

金魚もたまには冷凍赤虫を食べたいんだ
金魚のエサは何を与えていますか?やっぱり人工飼料ですよね?僕も人工飼料です。ただ、たまには別のエサを与えた方がエサの食いつきやストレスなどの観点から良いらしいです。今回は嗜好性の高い冷凍赤虫に...

活きた赤虫と冷凍赤虫ではやっぱり違いがあり、動いているというところが金魚の食欲がますようです。美味しそうに見えるかどうかが鍵なんでしょうね。

活きエサは培養が可能なようです。ただ、僕のような虫が苦手な方はあまりやらないほうがよいでしょう。あとで後悔します。稚魚には活きエサを与えるほうが良いと言われていますが、活きた虫にはちょっと抵抗あるので、稚魚を育てるときは苦労するな〜と思っています。

スポンサーリンク

活きエサの代表例

有名な活きエサを紹介します。

イトミミズ


冷蔵★(生餌)イトメ(国産)イトミミズ/糸目 10g 別途クール手数料 常温商品同梱不可

聞いたことありませんか?イトミミズ

水棲の細長い集団生活をするミミズで、何種類か混合していることが多いようです。赤虫と同様に冷凍やフリーズドライでも販売されています。国産のイトミミズも販売されています。

イトミミズには脂肪分が多く含まれているため、状態の良いものなら金魚に最適なエサと言われています。脂肪分が多いので、与えすぎには注意が必要です。脂肪分が多いと転覆病になりやすいと言われています。


イトメ入れ 大(SUNNY WORM FEEDER) 関東当日便

こんな容器に入れて与えると水槽に散らばらずに良いです。

まぁ、活きエサはいろいろと良いところもありますが、管理が面倒だったり、見た目がグロテスクだったりします。僕としては冷凍赤虫がオススメです。やっぱり冷凍が楽だよ笑


冷凍★キョーリン クリーン赤虫(アカムシ) ミニキューブ 40g 冷凍赤虫 別途クール手数料 常温商品同梱不可

まとめ たまには活きエサを与えても良い

たまには活きエサを与えた方が金魚のエサの食いつきも変わります。ただ、なかなか生きたエサをあげることは難しいです。

そんな時のために、冷凍赤虫や冷凍イトミミズがあります。冷凍庫に虫をいれないといけないという抵抗もあると思いますので、しっかりと家族に了承をえてから買いましょう。

了承をもらえなかったら、人工飼料だけにしましょう。もちろん、人工飼料だけでも問題ありませんので・・・

活きエサは与えても与えなくてもいい!

というところでしょうかね。

コメントお待ちしております。飼育方法で困っていることやこんな記事を描いて欲しいなどリクエストから、ご意見・ご感想までなんでもお寄せください!コメントは下のコメント欄からお願いします。

金魚を長生きさせる方法をたくさんの人に紹介したいので、
ぜひ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク