気持ちが大事 金魚の弔いをプロデュース

先日、金魚を火葬する業者があることを紹介しました。その時に、コメント欄でとっても興味深い弔い方法をご紹介いただきました。みなさんにも共有したいと思いましたので、今回は金魚の弔いを紹介します。

スポンサーリンク

みなさんは金魚が亡くなった時、どうしてますか?

先日、金魚が亡くなった時に、火葬してくれる業者があることを紹介しました。

参考記事:金魚も火葬をする時代だから、長生きさせよう!!

みなさんは、金魚が死んでしまった時にどのように対応してますか?昔から、金魚が死んだら庭に埋めて割り箸を立てて、お墓にする。ことが一般的なんでしょうか?

僕は、観葉植物(ゴムの木)の鉢植えに埋めています。ゴムの木が大きくなっていくのを見ると死んで行った金魚たちを思い出します。

最近は埋める機会も大幅になくなり、昔の金魚達の命の偉大さを感じています。3mぐらいある天井に到達して大きく育っていますからね・・・

土に埋める土葬が一般的ですが、中々、庭があるお家も少ないし、観葉植物がないお家も多いです。そんな時に、良い方法を教えていただきましたので、紹介します。

気持ちが大事 火葬をする方法

業者に依頼して本格的に火葬する方法もありますが、他の火葬する方法を紹介いただきました。

火葬する用の箱に金魚を入れ、可燃ゴミに出す

ゴミに出すというところをピックアップするとよくないように聞こえますが、火葬用の箱を準備してあげることがポイントです。100円ショップなどで箱や花などを買ってきて、箱を準備しましょう。

この方法は、コメントをいただいたんですが、友人の1級葬祭ディレクターの方から教えていただいた方法のようです。その時のコメントを載せておきます。

仕事柄、身近に1級葬祭ディレクター(かなり難しい資格です)がいまして。
仕事仲間が、「家の金魚が死んでしまったらどうしよう。マンションだし・・・」と葬祭ディレクターに尋ねたら「都会でないと金魚の火葬はなかなか難しいから例えば、100円ショップで小奇麗な箱を手に入れてそのなかに入れてゴミとして出したら立派な火葬でないかい。川に流せない、公園に勝手に埋めるわけにもいかないからね。飼い主がゴミとして扱わなければ立派な火葬だよ」

2017/10/12 金魚姫 さんからのコメントを抜粋

確かに、飼い主がゴミとして出さなければ火葬になると言われたことには、共感しました。ということで、僕も今後のために準備してみました。

スポンサーリンク

綺麗な箱を準備して花を入れる

このコメントをいただき、共感しましたので、みなさんへの例となればと思い、準備してみました。

自分の中で黒の箱が弔いのイメージでしたので、黒い箱を準備しました。サイズは、約20cmの立方体です。

将来を考えるとちょっと小さいですが現行サイズの金魚を入れるイメージで準備しました。中身ですが、

バラを入れ、黒いティッシュを入れています。

すぐに使用することはないと思っているので、生花ではなく、プリザーブドフラワーを使用しました。アーティフィシャルフラワー(造花)でも良いと思います。

友人にプリザーブドフラワーの講師がいるので、以前、自分で手作りしたものを入れました。3輪のバラを分解して、一つに合体させました。

漆黒な感じで良いでしょ?

ここまでする必要はないかと思いますが、売っている生花や造花を入れてあげれば良いと思います。事前準備するのであれば、すぐに使用しないという気持ちを込めて造花がオススメです。

僕が作ったものはハンドメイドなので、手に入れることはできませんが、同じようなものを作るためのアイテムを紹介します。


日本製 ペーパーボックス ギフトボックス

アクセサリを入れる箱なんかは良いと思います。このサイズでだいたい400円ぐらいですので、お手頃ではあります。


造花バラ 赤 ベルベット【薔薇 造花】

造花のバラなんかはサイズ感もよく、さっきの箱に合います。花の部分だけ切って入れてあげれば良いです。


ドルチェデュオ LOVE TISSUE SPECIALLY 1箱

ティッシュを入れてあげれば、お別れの時の水が箱から垂れることも防げますし、装飾にもなります。赤はちょっとあれですが、黒なんかは良いです。もちろん、普通の白いテイッシュでもそれなりになります。

まとめ 大事なのは気持ち

以前に作ったものを使用しているため、かなり豪勢な感じになってしまいましたが、イメージとしては、こんな感じで良いのではないでしょうか?

もっと気軽に考えて、バラや菊、カーネーションなどを一輪入れてあげれば良いかもしれませんね。

大事なのは、気持ちですから。しっかりと供養して、次に迎える、または、今飼っている金魚たちにはもっと長生きしてもらう気持ちを持って行きましょう。

これからも長生させる金魚の飼い方について、毎日投稿して行きますので、読みにきてくださいね。

コメントお待ちしております。飼育方法で困っていることやこんな記事を描いて欲しいなどリクエストから、ご意見・ご感想までなんでもお寄せください!コメントは下のコメント欄からお願いします。

金魚を長生きさせる方法をたくさんの人に紹介したいので、
ぜひ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク