病気を治療するときは水槽から出した方が良い

金魚が病気になった時、水槽内で薬を使って治療をすることがあると思います。水槽内で治療することのメリットもありますが、水槽から出して治療した方がより良いので紹介します。

スポンサーリンク

病気を発症した場合は水槽の外で治療する

みなさんは病気が発症した場合、どうやって治療してますか?水槽に薬を投与して、治療してませんか?

僕は、水槽に薬を投与して治療する方法は良くないと考えています。

なぜか?水槽に薬を投与するとこんな弊害があります。

・バクテリアが死滅してしまう

・水槽のシリコンに薬が浸透して、色がついてしまう

・ろ材が使えなくなる

この3点が、僕が、水槽に直接薬を投与することの弊害だと考えています。一つずつ見ていきましょう。

合わせて読みたい
金魚の病気の処置方法 あなたがドクター 私失敗しないので
金魚が病気になった時は、あなたが治さないといけません。あなたがドクターなのです。私失敗しないので!というぐらい病気への処置方法を事前準備しておく必要があります。今回は、金魚の病気に対する処置方...

バクテリアが死滅してしまう

バクテリアは簡単に死滅してしまいます。

酸素が足りなかったり、水が汚れすぎたり・・・

その中でも薬を投与するとすぐに死滅してしまいます。バクテリアが死んでしまうことで、水が余計に汚れて治療の妨げになります。

感染力が高い病気の場合は、水槽をリセットしなければならないです。そんな場合はともかく、水槽がリセットされ水が不安定の場合、治療後に水槽に戻しても水質悪化が原因で、また病気になってしまいます。

可能であれば、バクテリアが生きた安定した水槽に戻した方が、治療後に体調を崩す可能性を減らすことができます。

水槽のシリコンに薬が浸透して、色がついてしまう

これがまたやっかいで、薬は着色されているものがほとんどです。特にメチレンブルーなんかは、いろいろなものを青くするぐらい強い色があります。石ですら青くなります。

白いシリコンが、薬によって青くなったり黄色くなったりします。

見た目だけの問題ですが、水槽の角が青いのはちょっと・・・

薬がシリコンから溶け出して、バクテリアが死んじゃうんじゃないか・・・

と不安になるものです。気にしない人は大丈夫ですが、僕はダメです。

ろ材が使えなくなる

薬はバクテリアを殺してしまいます。薬が染み付いたろ材はバクテリアが育たないため、使い物になりません。捨てるしかありません。

ウールマットや粗めマットならば問題ありませんが、リングろ材などの高いろ材が使えなくなるのはかなりの痛手です。

リングろ材は多孔質と言って、小さな小部屋をいっぱい持っています。その小部屋にバクテリアが住みますが、薬が染み込むことでバクテリアが住み着くことができません。

また、多孔質は一度吸着したものを脱着しにくいため、なかなか薬が取り除けず、捨てなければいけません。

薬を水槽に直接投与するとこんな弊害があります。早まる気持ちを抑えて、冷静に治療することが大事です。

では、どうやって治療したらよいでしょうか?

治療はバケツ内でエアレーションのみ

治療は水槽から出して、バケツの中で行うのが良いです。

なぜバケツが良いか?

薬は紫外線などの光で分解してしまうものがあります。そのため、極力光が入らないようにしてあげる必要があります。

透明ではないバケツを使えば、簡易的に遮光することができます。完全に遮光する必要もないので、バケツで十分です。

また、薬の効果を引き出すためにろ材は不要です。エアレーションで酸素を供給するだけで十分です。

薬を使うとバクテリアが育ちませんので、水換えを頻繁に行う必要があります。バケツだと、水換えがやりやすいです。

また、バケツなら薬で汚れてもなんとも思いませんし・・・

水槽は綺麗に洗い治療中に立ち上げてしまう

感染力がある病気を発症した場合は、水槽は綺麗に洗いましょう!!

ろ材も全て綺麗に洗って、新しく水槽を立ち上げましょう。

バケツで治療している間に水槽を立ち上げてしまえば、治療後にまた体調が悪くなることはありません。

ちょっとだけ効率よくいきましょう。

スポンサーリンク

まとめ 薬を使っての治療はバケツで

水槽に直接薬を投与すると

・バクテリアが死滅してしまう

・水槽のシリコンに薬が浸透して、色がついてしまう

・ろ材が使えなくなる

のリスクがあります。

これらを回避するために、薬を使っての治療はバケツの中で行うことが良いです。

また、治療中は水が痛みやすいので、水換えとエアレーションは必ず行うようにしてください。

ちなみに・・・

塩浴をする場合は、バクテリアが完全に死滅することはないので、水槽に直接投与してもOK

個人的にはまずは塩浴する方法をとります。様子を見て、ダメそうなら薬です。薬は金魚の体力も奪うので、注意が必要です。

合わせて読みたい
塩は金魚への万能薬
金魚が体調を崩した時に使える万能薬”塩”を常備していますか?金魚の体調が優れない時や病気になった時に塩は使えます。金魚は淡水魚なのに、塩なの?と思った方!実は、淡水魚の金魚にも塩は使えるんです...

病気になった金魚が一刻も早く元気になりますように・・・

コメントお待ちしております。飼育方法で困っていることやこんな記事を描いて欲しいなどリクエストから、ご意見・ご感想までなんでもお寄せください!コメントは下のコメント欄からお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク