オススメの金魚は? オススメは何と言ってもこれでしょ!

金魚を買うときは、好きな金魚を選んで買いましょう!と言い続けていますが、中には”オススメはどれなんだ!教えてくれ!!”と思っている方もいると思います。そんな方へ私のオススメを紹介します。

スポンサーリンク

一番のオススメはオランダ獅子頭

私がみなさんにオススメしたいのは、オランダ獅子頭です。無難なところにきたな〜と思われるかもしれませんが、オススメは?と聞かれた時に、総合的に考えるとオランダなんです。

なぜ、オランダをオススメするかというと、やっぱりこの肉瘤(頭がボコボコしているところ)がいいですよね。らんちゅうとかと違い、オランダは比較的安い個体でも肉瘤がしっかりしていることがよくあり、ホームセンターでもそれなりの個体を購入しやすいです。

僕のオススメの金魚の本を読んで、この金魚いいな〜と思ってお店に買いに行って、

思ってたんとちゃう!

となることが少ないです。また、どこでも必ず売っているので買いやすいというところもポイントの一つです。と言っても初心者向けの簡単で面白みのない金魚というわけではなく、奥が深い金魚でもあります。

肉瘤をどれだけ大きいのか?綺麗な色合いなのか?優雅に泳ぐのか?など、らんちゅう並みにこだわって育てている人もいます。

そんなオランダ獅子頭をまずはオススメしたいと思います。

オランダ獅子頭 肉瘤が魅力的なお手軽金魚
金魚の飼い方だけでなく、金魚のカタログみたいな記事を書きたかったので、UPしてみます。たくさんの人から人気のあるお手軽金魚。あの肉瘤がとっても魅力的なオランダ獅子頭を紹介したいと思います。 ...

次はやっぱりこれ! らんちゅう

金魚と言えばらんちゅうですよね。やっぱり僕のオススメの金魚の本でもらんちゅうのページが圧倒的に多いですし、知名度が違います。”金魚買うのが趣味なんですよ”と周りに言った時に、”らんちゅう?”と聞き返されることはよくあります。そのぐらい有名な品種です。

らんちゅうは品評会が頻繁に開かれるため、とても飼育の難しい種類と思われがちです。実際、品評会に出すような立派な金魚に育て上げることはとても難しいです。ですが、個人が普通に買うレベルであれば、難しい金魚ではありません。

飼育していくうちに品評会に出したいな〜と思って方向転換することもできます。らんちゅうを買っていると、金魚の飼育という趣味はとっても広がりを見せるものとなるでしょう。僕も一度は品評会に出す金魚に育て上げたいものです。

金魚と言えば”らんちゅう”だよね らんちゅう
金魚と言えばらんちゅう!ですよね。一度でいいかららんちゅうを買ってみたい。でも、らんちゅうって高いし・・・と敬遠している人もいます。らんちゅうといってもピンからキリまでいますので、飼ってみれば...

この愛くるしさにハマる人は多い! 水泡眼

このブログでは途中の画像などでちょこちょこ出てきていた隠れキャラ的な存在ですが、お気付きでしたか?

昔、僕もこの水泡眼を飼っていました。目の下に水泡と呼ばれる大きな袋があります。この袋がプルンプルンしているので、見ていて飽きないです。写真の個体は水泡が小さいですが、大きい個体は水泡がプルンプルンではなく、ぶるんぶるんする感じと言いますか、なんといいますか・・・。例えるならば・・・。ちょっと卑猥な例えになるのでやめておきます笑

水泡が大きいと迫力もあり、すごいです。僕がオススメする金魚の本(金魚80品種カタログ)に掲載されている黒水泡眼の迫力は凄まじいです。子供が泣くんじゃないか!?と思うぐらいです笑。一度お目にかかりたいですね〜

この水泡眼は結構飼育が難しいというところが難点です。水泡は破れやすく、一度破れると再生しません。そのため、飼育環境にはとっても注意する必要があります。特に尖ったものがあるわけでもないのに、いきなり破れてたりして、わーーーーー!!となることもあります。

濾過器など飼育に必須なアイテムですら、取り出した方がいいのかな〜と極限まで考えてしまいます。ただ、水泡が大きい個体はそんな心配が絶えないですが、一般的に変えるレベルの水泡眼であれば、そこまで神経質にならなくても良いです。

次が最後のオススメ金魚です。

これはオススメしないと!黒らんちゅう

うまく写真に撮れないでおなじみの黒らんちゅうです笑

僕は黒らんちゅうが大好きです。ぜひ、みなさんにも黒らんちゅうを飼育してほしいから、最後の最後でオススメしておきます。

黒らんちゅうと言えば、やっぱりレアもの!というところが飼育欲を掻き立てます。珍しい金魚を飼っているという緊張感と優越感が入り乱れるのが面白いです。黒らんちゅうも肉瘤が出てきて、大きく育つと迫力が満点で、普通のらんちゅうよりも面白いと思います。黒らんちゅうについては、熱く語りすぎた記事がありますので、そちらを紹介するだけにしておきます。いつも見にきていただいてる方には、前に紹介したじゃん!と言われそうなので・・・汗

僕が黒らんちゅうにはまった理由
僕は黒らんちゅうが大好きです。らんちゅうじゃなくて黒らんちゅうです。普通のらんちゅうとの違いは真っ黒ならんちゅうというだけです。厳密にいうと違いますが、黒いかどうかです。今回は、僕が黒らんちゅ...

まとめ オススメは自分が飼いたい金魚!

ここでま、オランダ獅子頭とらんちゅう、水泡眼、黒らんちゅうと紹介してきましたが、実際のところは自分が飼いたい金魚を買うのが一番のオススメです。

とは言っても金魚について知識がないと人のオススメや意見を聞きたいものですよね。そんな方に僕は、この本をオススメしています。


金魚80品種カタログ改訂版 [ 杉野裕志 ]

全ページカラーで写真もたくさん付いていて、金魚について知ることができます。この本を読んで、金魚を選ぶとより楽しい金魚ライフを過ごせそうです。ただ、これもほしい!あれもほしい!!状態になりますので、ご注意ください。

自分の飼いたい金魚を選んで、飼おう!!

みんなの知らない金魚知りたくない?
みなさんは金魚についてどのぐらい知っていますか?どんな金魚がいるか知っていますか?車のカタログのように金魚の種類を写真付きで掲載している書籍があります。僕の愛読書何ですが、今回は金魚80品種カ...

コメントお待ちしております。飼育方法で困っていることやこんな記事を描いて欲しいなどリクエストから、ご意見・ご感想までなんでもお寄せください!コメントは下のコメント欄からお願いします。

金魚を長生きさせる方法をたくさんの人に紹介したいので、
ぜひ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク